ブロー成形で容器が完成するまでの流れ

■容器製作工程

あれれ?これって何かしら?容器の金型とは?

容器の各形状ごとに、
ブロー成形用の金型があります。
ブロー成形機で両側から挟み込むので、
容器の金型は2分割に分けて作られています。

容器成形直後にできるバリとは?

バリとは容器金型の淵に挟まれたパリソンの余剰部分がバリとなってでてきます。
バリは再度粉砕して、容器製造用の樹脂材料として再利用されます。

自社一貫製造だから、高品質の容器が生産できます。ブロー成形後は厳しい目で検品します

規格製品からオーダーメイドの容器にいたるまで、自社工場の技術者が責任を持って高品質な容器を生産しています。

お問合せ

瑞穂化成工業
〒547-0001 大阪市平野区加美北9-3-28
プラスチック容器・ポリ容器・ボトル 溶接 特注 配管継手接続加工
お問合せはこちら
  • お電話でのお問合せはこちらから|06-6793-3001
  • FAXでのお問合せはこちらから|06-6794-5128
  • 樹脂解説物性データ
  • 耐薬データ
  • 光線透過率測定データ

製品の直接販売はいたしておりません。製品のご購入は販売代理店よりお願いいたします。
代理店(販売店)について

お問合せはこちら

瑞穂化成工業|06-6793-3001
〒547-0001
大阪市平野区加美北9-3-28
FAX:06-6794-5128
お問合せはこちら

このページの先頭へ戻る